40代 男性 経営者

40代 男性 経営者

 

最初に見た時に、なぜ女性がメインに?と思いましたが、でも、何となく納得できるとも思いました。この絵の意味を聞いたところ、「帰る場所、拠り所」というのがテーマにあるそうです。どこで遊んでどこで冒険しても、旅先で怪我をしても、いつでも帰ることのできるところがあるとのこと。
女性のイメージが現れたそうで、実在の女性かもしれないし、見守っている女神かもしれないし、はたまた、自身の中の女性的な安定ややすらぎの感覚かもしれないし。
上空には、様々な世界への扉が開かれており、どこへでも自由に行くことができ、また、その時々の目的に合わせて、いろいろな乗り物を使うことができるそうです。たとえば、豪華な気分に浸りたいときの大型客船、遠くまで行きたいときの宇宙ロケット、そして、身軽に着の身着のままで歩みたいときの紙飛行機などなど。酷使した乗り物は、この場所へ戻り、癒しのオーラに包まれて回復していくそうです。この意味を聞いた時に、まさにこれまでの自分、そして現状の自分が体現されているようで驚きました!この絵を見ることで、癒されると共に客観的に自分を見つめ直すきっかけになり改めて僕は自由奔放だなと実感しました。この絵を色々な人に見せると、「なぜ男なのに女性がメイン?」と、このギャップにみんな笑います(笑)でも、僕の人生はきっと女性に助けられているのでしょう(笑)
「あ〜やっぱりね!」と、なんとなく、思いつくところも実はあり、納得しています。そして、この絵を色々な人に見せると皆が皆「私も描いて欲しい!」と言います。そのぐらいこの絵の持つパワーはすごく、癒しや可愛さ、そして独特の世界観が描かれているのだと思います。
何よりも「世界に1枚しかない自分をイメージし描いた絵」であることが、自分の深層心理にある特別な世界観となって描かれているのかなと思います。板谷さんにこの絵を描いてもらい、本当に感謝しております!ありがとうございます!
そして、今何か悩みを抱えている人や自分を見つめ直したい人には、本当にお薦めです!